世界地理・世界史の謎

法則クイズ2

SHIBA
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
SHIBA

法則クイズ第2弾。多分、前回より簡単です。が、中身は奥深いと自負しています(笑)

問題<1>

日本=カナダ=トルコ

イタリア=ブルガリア=イラン

ロシア=タイ=フランス

のとき、当てはまる国をそれぞれ選んでください。

 

パキスタン=①

<選択肢 アフガニスタン サウジアラビア エジプト>

 

イラク=②

<選択肢 カタール スーダン インド>

 

セネガル=③

<選択肢 ギニア ケニア ソマリア>

※今回はヒント無しです。わからない時はググるか、地図帳を引っ張り出してみましょう!

答え<1>

下の方にスクロールしてくださ~い

 

 

 

 

日本=カナダ=トルコ

イタリア=ブルガリア=イラン

ロシア=タイ=フランス

それぞれの「国旗」を見てみると一目瞭然です。

ということで、国旗に用いられている色が同じ国!というものでした。(色の濃さとかは大目に見てください ^^;)

※このページやブログに掲載している国旗は、すべて筆者の手描きです。縦横比やマークの形、紋章などいずれも正確なものではありませんのでご注意ください。

 

さて、問題<1>の答えは、国旗の色を合わせればよいので、

①:サウジアラビア ②:スーダン ③:ギニア  です。

国旗答え1

ところで、①のパキスタンとサウジアラビア。どちらもイスラム教徒の多い国ですね。実はイスラム教にとって、緑色は「尊い色」だといわれています。なにせイスラム教の誕生したアラビア半島は砂漠地帯。緑のある場所はそれだけで、ありがた~い存在だというワケす。

 

それゆえイスラム圏では、緑色を用いた国旗が目立ちます。このうちアラブ人の多く住む国や地域では、に加えて、の4色を用いた国旗が多数存在します。

 

それが②の国々で、この4色は「パン・アラブ色」とも呼ばれています。これらは7世紀にイスラム教が誕生して以来、中東世界に強い影響を与えた王朝や王家の旗に使われた色、という説があります。

上に挙げた国や地域は見ての通り、みんな中東アラブ圏の国ですね。

このように、国旗に用いられている色が似ている場合、何らかのつながりを持っている事があります。

 

もうひとつ有名な例が③のケース。セネガルもギニアも、アフリカの国ですが、アフリカにはこのを国旗に用いている国がたくさんあります。以下、ワンポイントで他の色を用いている国を含めると、こんな感じ。

う~ん、ハム・タマゴ・ホウレンソウの3色弁当を食べたくなるような国旗がズラリですね(笑)この3色は「パン・アフリカ色」と呼ばれています。

 

この3色がアフリカの国々の旗に用いられた理由は、上にもあるエチオピアにあります。現在50を超えるアフリカの国々は、そのほとんどが20世紀初頭までに近代化したヨーロッパの植民地となっていました。その中でヨーロッパ勢(イタリア)の侵攻を自力で跳ねのけ、植民地化を防いだ唯一の国がエチオピアでした。

ハイレ・セラシエとエンクルマ

 戦後、アフリカ植民地で独立運動が盛んになると、時のエチオピア皇帝ハイレ・セラシエもこれを支援しました。エチオピアに用いられていた赤黄緑の3色は、アフリカ独立の希望と映り、多くの国旗にも用いられたというワケです。また、似たような色の国旗を用いることは、アフリカ人同士の連携や統合を目指す、という意味も込められていました。ただ、独立後も戦争や貧困に悩むアフリカにおいて、その実現はいまだ厳しいようですが・・・

 

 

問題<2>

例題(マレーシア ∧ チュニジア ∧ モルディブ)=三日月

のとき、①、②、③に入るものはそれぞれ何?

 

(スイス ∧ ギリシャ ∧ トンガ)=①

(漢字三文字で書けるモノです。)

 

(日本 ∧ アルゼンチン ∧ キルギス)=②

(漢字二文字で書けるモノです。)

 

(パプアニューギニア ∧ メキシコ ∧ ドミニカ国)=③

(漢字一文字で書けるモノです。)

 

ヒント:「∧」のマークは、「~且つ」という意味。つまり3か国の共通点を探してください。

答え<2>

下の方にスクロールしてくださ~い

 

 

 

 

 

こちらも国旗を見てもらえれば一目瞭然です。

例題にある「三日月」は、緑色と同様イスラム圏でよく使われる図形です。これも一説には、アラビアの気候が関係しているそうです。昼の砂漠地帯はムチャクチャ暑いので、日の沈んだの方が過ごしやすい。

ですからアラブ人にとって夜を象徴する月は、太陽よりもいいイメージなのだとか。この考えがアラビア以外の地域にも伝わり、国旗にも月の図形が用いられていることが多いそうです。

 

一方①の「十字架」は、説明するまでもなく、キリスト教のシンボル。政教分離が進んでいる現在でも、国旗に十字マークを使う国はまだまだ多いようです。

 

ただ、十字架=キリスト教というイメージのために、一部のイスラム系国家では、赤十字のマーク月マークにしている所もあります。これは別にキリスト教を敵視しているというワケではなく、イスラムとキリストを同時に信仰ないように、という一神教ならではの理由がその背景にあると考えた方がよさそうです。

十字架と三日月

こうした宗教的な意味合いは無くとも、ゲン担ぎのようにマークや紋章を入れている国旗もあります。

②の太陽は、何だかんだいっても国旗によく用いられます。黄金に輝く星、命の源、そして今日という一日の到来を教えてくれる大事な存在、というイメージは古今東西共通しているのかも。

 

③のもまた、人気のある紋章です。空を飛ぶという人間にはできない能力、大空を舞う優雅さ、力強さ、美しさは、やはり多くの人々を魅了しているのでしょう。

太陽と鳥

答え ①=十字架 ②=太陽 ③=鳥

 

このように、国旗一つとっても、その「お国柄」や「歴史」,「思想」などを知る手掛かりになります。残念ながら東京オリンピックは延期になってしまいましたが、こうした世界大会は、多くの国旗を見るチャンスでもあります。その時もし、なんかこの旗とこの旗似てるな~とか、この旗の模様きれいだな~とか、何か感じるものがありましたら、一度調べてみてはいかが?

この記事を書いている人 - WRITER -
SHIBA

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 世界を学ぼう”知理・歴視” , 2020 All Rights Reserved.